R.U.S.E.研究室

カセリーヌ峠

 カセリーヌ峠の防衛戦。謀略スパイ、暗号解読の使用方法、対戦車砲の配置を学ぶ。

対戦車砲と歩兵の配置

 四方から敵が侵攻してくる。対戦車砲の配置が鍵となる。

 対戦車砲は5門与えられるので、各方向に向けて配置する。このとき、対戦車砲の位置を細かく調整して射程が最大になるようにしよう。射程の優位を活かして敵戦車を早く攻撃するためだ。対戦車砲は非装甲なので、接近されると勝ち目はない。

 歩兵は各方面に分けると負けてしまうので、5ユニットまとめて運用するか、二手に分けて運用する。イタリアの軽歩兵ベルサリエリG.I.よりも強いので、1対1で戦わせることのないようにしたい。

謀略スパイと暗号解読

 初期の配置さえしっかりしておけば、戦いは簡単。敵の戦車は放っておいても対戦車砲が葬ってくれる。

 謀略スパイや暗号解読を使って敵の動きに合わせ、歩兵を動かして敵の歩兵から対戦車砲を守るようにして戦う。このとき、歩兵は対戦車砲より前に出して戦うこと。

 しばらくすると空挺の援軍がやってくる。やることは変わらないが、空挺兵で増強されるので戦いはだいぶ楽になる。

第二目標

対戦車砲をすべて維持せよ
最初にしっかり配置しておかないと達成できないことがある。とにかく遠くから戦車に攻撃できるよう配置することが重要。

カセリーヌ峠の戦い

 1943年2月19日、ドイツ・イタリア軍はカセリーヌ峠のアメリカ軍を攻撃。戦闘経験がほとんどなく、装備も劣っていたアメリカ軍は大打撃を受け、混乱に陥った。しかし、一部兵士の抵抗によりドイツ軍の進撃を阻止することに成功する。

カセリーヌ峠の戦い1943―ロンメル最後の勝利 (オスプレイ・ミリタリー・シリーズ 世界の戦場イラストレイテッド)