R.U.S.E.研究室

キツネを引っぱり出せ

 戦車、対戦車砲、歩兵を操作して戦う。限られた戦力で強力な敵と戦わなければならず、難度は高い。確実に有利な状況に持ち込んで撃破しよう。

中央から進軍する

 右翼にはイギリス軍、左翼にはウェザビー司令官の指揮するアメリカ軍が展開し、それぞれ正面のドイツ軍と交戦状態にある。プレイヤーは中央を突破することになる。

 プレイヤーにはこれまで操作してきたスチュアートリー歩兵対戦車砲が与えられるが、新たなユニットの生産はできない。操作ミスや不用意な進軍で貴重な戦力を失わないようにしよう。

 開始すると味方の戦闘爆撃機が正面の敵戦車部隊を一掃するという、かっこいい演出からスタートする。前方の対戦車砲には歩兵、戦車には対戦車砲を前進させて撃破する。このマップでは敵施設を歩兵で占領することはできず、破壊するために戦車が必要となる。後方で温存しておこう。

 正面の装甲車両基地は放置しておくとIV号戦車が出てくる。さっさと戦車で破壊してしまおう。前方からやってくる歩兵には戦車で、右前方から進んでくる戦車には対戦車砲で対抗する。

 この状態での歩兵、対戦車砲、戦車は三すくみの状態にある。じゃんけんと同じ。しっかりと有利不利を確認すれば、間違いなく一方的に勝てる。

シディ・ブ・ジットの防衛戦

 シディ・ブ・ジットの防衛戦では、敵を市街地に誘い込んで撃破したくなるが、それは間違い。このマップでの主役は対戦車砲だ。カセリーヌ峠を思い出そう。

 街の左右前方に対戦車砲を配置し、射程が最大となるよう位置を調整する。その少し前に対戦車砲を守るように戦車を配置する。敵戦車の数が多いため、敵戦車の接近を許すことがある。リーを壁にしよう。この防衛戦では歩兵は役に立たないので、街に待機させておこう。

 しっかり配置してあれば迂回されたりすることもなく、ユニットを失わずに防衛可能だ。

両翼からの援護要請

 その後は敵ユニットを撃破したり敵施設を破壊したりして一定のポイントに達するとクリアとなるが、これが非常に難しい。敵は豊富な戦力で攻撃してくるのに対し、こちらはユニットが補充されることはない。正面から戦ってはならない。

 ウェザビーやイギリス軍から援護要請が入る。ウェザビー側の敵には強力なIII号突撃砲マルダーが存在するため、下手に接近すればこちらが壊滅してしまう。ウェザビーの命令は無視しよう。

 イギリス軍はかなり後方にいるため、援護は間に合わない。

 また、しばらくするとタイガーが登場する。リースチュアートではまったく歯が立たないので、放置でいい。

攻略

 最初に前方の対戦車砲を排除するよう命じられるが、どうせウェザビーはそこまで進出できない。歩兵を進めると敵戦車が前進してくるため危険である。無視しよう。

 シディ・ブ・ジットの北東に戦力を集結させ、突撃してくるIV号戦車を撃退する。そのまま東進しスチュアートモーザーを破壊、リーと合流して北上し、飛行場を破壊しよう。

 飛行場を破壊するとドイツの戦車部隊が接近してくる。そのまま戦うと劣勢なのでイギリス軍の方向へ一気に退却しよう。敵が追いかけてくるので、適度な場所で迎え撃ち壊滅させる。

 イギリス軍のところへ到着する頃にはウェザビーもイギリス軍も全滅していると思うが、イギリス軍と戦っていた敵の部隊を撃破するとポイントが貯まりクリアできる。

第二目標

タイガー戦車を撃破せよ
かなり厳しい目標である。タイガー戦車は射程が500mと対戦車砲より長く、リースチュアートのような戦車では歯がたたない。素直に難易度を下げてタイガーを撃破することだけ考えたほうがいいだろう。全戦力で集中攻撃しよう。
謀略「スパイ」を発動せよ
指示されたエリアにスパイをかければ達成。

ロンメル~第3帝国最後の英雄~ [DVD]