R.U.S.E.研究室

アンツィオ

 最初のチャレンジシナリオ。プレイヤーの国家はアメリカ、敵はイタリア

イタリアの軽戦車

 イタリアの軽戦車による猛攻を受ける。生半可な戦力で対抗しようとすると次々と撃破されて突破されてしまうので注意。また、敵には強力な榴弾砲が存在しており、防衛に徹していては不利になる。カモフラージュと無線封鎖を有効に使おう。

 生産できるユニットはウィリス・ジープG.I.のほかにスチュアートリーリーは中戦車とはいえ攻撃力は低いので、注意したい。

 初期配置ユニットとしてウルヴァリン3両と対戦車砲を与えられる。射程が長く敵戦車を有効に撃破できる貴重な戦力なので、大切に使おう。特にウルヴァリンを失うと大打撃となる。細かく操作して敵との距離を保ち、リーを壁にして戦おう。

序盤

 まず司令部横に装甲車両基地を設置し、リーを2両生産する。リーウルヴァリンを敵の兵舎に向けて進めよう。対戦車砲は兵舎付近にやってくる車両を攻撃できるよう、右側の森に配置する。とにかく一気に戦線を上げてしまおう。

 補給拠点は近くの2つと左側の2つを確保する。それと兵舎を設置しよう。榴弾が飛んでくるようになるので、左側の補給拠点エリアにはカモフラージュをかける。

 また、スチュアートを2両生産し、外側を右回りに送り込んでおく。敵の榴弾砲を撃破するためだ。

兵舎を破壊

 敵戦車が前進してきたら、ウルヴァリンで撃破しよう。敵の兵舎からは歩兵が出てくるが、リーがいれば撃破できる。そのまま進軍して兵舎を破壊してしまおう。

 やがて敵の大砲が出てくるようになるので、スチュアートで襲撃しよう。大砲を護衛しているユニットはいないため、スチュアートが高速で接近すれば難なく撃破することができる。しっかりと3ユニット撃破しておくこと。スチュアートは失っても問題ない。

敵戦車を止める

 ウルヴァリンを射程ぎりぎりにかかるよう、街の出口に配置する。これで街を出ようとする敵戦車をウルヴァリンが一方的に撃破できる。ただしウルヴァリンは装甲が薄いので、必ずその前にリーを置いておくこと。

 これで相当数の敵戦車を止めることができるが、数が多い場合は後退させ、対戦車砲の援護を受けつつ戦うとよい。森からの奇襲で敵戦車を撃破できるはずだ。敵の大砲をしっかり撃破してあれば、もう榴弾が飛んでくることはない。対戦車砲を大いに活躍させることができる。リーも少しずつ増やしていくこと。

左側の敵補給拠点

 左側には敵の補給拠点が存在する。潰しておきたい。すでにかなり資金に余裕があると思う。リーを量産して歩兵と共に進軍させよう。歩兵を森や街に配置し、敵戦車に奇襲を仕掛けたいところだが、敵は偵察車を持っているためそう簡単にはいかない。リーとともに慎重に前進すること。拠点は無理に占領する必要はない。破壊してしまおう。

仕上げ

 ここまで来れば勝利は確実である。リーをひたすら量産し、数の暴力で敵を叩きつぶす。ただし、敵司令部への道は意外と狭いため、攻めにくい。三方向から挟撃するような形で攻め込めればベストだ。

第二目標

  • 15分ですべての敵ユニットを撃破せよ
  • ユニットの損害を20以下に止めろ
  • 対戦車砲への攻撃を阻止せよ
  • 敵司令部を占領せよ
  • 戦車を10両撃破せよ
  • 自軍のすべての施設を維持せよ
  • 歩兵ユニットを10個撃破せよ
  • 歩兵ユニットを20個撃破せよ
  • 戦車を20両撃破せよ
  • すべての敵ユニットを撃破せよ
  • 榴弾砲を3個以上破壊せよ

シングル作戦

 1944年1月22日、連合軍はローマ近郊のアンツィオへ上陸した。奇襲に成功し、ドイツ軍の防衛線グスタフ・ラインの後方への上陸を果たしたが、慎重を期する司令官ルーカスは、積極的な進軍はせずに防御陣地を構築した。

 この間にドイツ軍は対抗する防衛線を構築し、連合軍は包囲される形になった。アメリカ軍、ドイツ軍の双方は攻撃を試みたが失敗に終わり、戦線は膠着した。