R.U.S.E.研究室

メドジェ

メドジェ

 手持ち資金が1,000ドルに到達すればクリアとなる、珍しい勝利条件のステージ。

 ドイツ軍は中央に位置し、補給線が細長く伸びている。左右を敵に挟まれていて、非常に守りづらい状態になっている。

1,000ドル貯める

 1,000ドル貯めれば勝利なので、あまり資金は使いたくないが、最低限の防衛ユニットがいなければ補給基地は守れない。効率的に敵戦車を迎え撃つため、基本的には森からの奇襲によって敵を撃退する。PAK 40を研究しよう。突撃擲弾兵も研究しておきたい。

敵への備えと配置

 FLAK 88MMが初期配置されている地点から、司令部までの間にある補給拠点と道路は断固守り抜こう。補給トラックを破壊されては収入にならないので、補給ルートは守り抜かなければならない。

 中央付近にはわずかだが森が存在するので、PAK 40FLAK 20MMSDKFZ222を最低でも2ユニットずつ入れておく。それからIII号突撃砲を生産して陣取らせよう。これで歩兵、戦車、航空機いずれの攻撃にも抵抗することができる。

 このマップは四方八方から攻撃されるため、いちいち状況を確認して指示を出すのは困難だ。放っておいても戦ってくれるように、あらかじめ配置しておきたい。

フランス軍との攻防

 プレイヤーはフランス軍との戦いに専念しよう。序盤はフランス軍の工兵トラックに注意する。マジノバンカーの間を通ってこちら側に工兵トラックが向かってくるので、ME109を使って破壊してしまおう。

 フランス軍には対空砲が存在するが、橋を渡りきったあたりで攻撃すれば撃墜されることはない。これを繰り返せば、3台は破壊できる。

 さて、そのフランス軍が目指す先には、市街地と森がある。先にこちらが確保してしまおう。突撃擲弾兵を生産して送り込む。おそらく割と早い段階で突破されてしまうが、時間稼ぎになる。

空軍フル回転

 このマップのJU87はルーデル専用機らしい。急降下爆撃を行わないだけでなく、コイン状態の敵にも攻撃できる優れものだ。

 ME109は敵航空機の撃退を担当するが、できる限り味方対空砲の上空で戦うこと。深追いしてしまうと貴重な戦力を失うことになる。

 JU87は戦車に歩兵に、とにかく補給ラインを脅かす敵を片っ端から排除していく。こちらも撃墜される恐れのある遠くの敵は狙わず、十分に引きつけてから攻撃すること。

 離れた基地は次々と失い、ユニットも減少して苦しい戦いになっていくが、補給ラインを維持できていれば資金が貯まって勝利をつかむことができる。

攻め込んでみてはどうか

 敵の拠点が近いので攻め込んでみるのもありかと思いがち。

 しかし敵はイギリスが2陣営、フランスが2陣営という構成になっているため、強引に司令部を占領したところで3勢力も残っていることになり、大して効果がない。

 おまけに司令部周辺の森には歩兵や対戦車砲が隠れているため、占領に成功したとしても激しい抵抗を受けることになる。攻め込むのが得策とは言えそうにない。

サハラの薔薇 (角川書店単行本)