R.U.S.E.研究室

オストフリースラント

 追加コンテンツ「ライジングサンパック」で追加されるチャレンジ。ドイツ軍と連携して戦わなければならない。

 プレイヤーは日本。友軍はドイツ。敵はイギリスフランス。ドイツは補給基地とバンカーの設置を担当する。残りが日本軍の役割だ。

 日本は補給基地を設置することができない。とはいえ、ドイツ軍が積極的に設置してくれるので、特に困ることはない。ジークフリート要塞をうまく使って敵の攻撃を止めよう。

基地は敵から奪え

 プレイヤーが設置できるのは兵舎と装甲車両基地だけである。残りの種類のユニットは、敵の基地を奪い取ることで生産が可能だ。敵は終盤になると強力なユニットをどんどん投入してくるため、チリだけで戦うのはつらい。

 初期ユニットは一式装甲兵車ホリ七四式艦上爆撃機独立工兵狙撃兵

進軍路

 左右バランスよく進軍していくと四方八方から攻撃を受けることになり、兵力も集中させられないため、苦しい戦いとなる。どちらか片方に力を注いだ方がいいだろう。

 右側は陸上ユニットが強力なフランス軍で、対戦車基地がある。左側はイギリス軍で大砲・対空基地がある。そして補給基地だが、どう見てもフランス側に偏っている。そこでフランスを攻めていくことにする。

中央の森

 序盤は七四式艦上爆撃機独立工兵のコンビが抜群の働きを見せる。まず正面の市街地に隠れた歩兵を偵察して、外から火炎放射で焼いてしまおう。続いて要塞化陣地も焼き尽くす。さらに前進して市街地にいる対空砲も焼き払ってしまおう。

 不用意に接近すると偵察機が被弾するので、慎重に飛ばすこと。偵察機は貴重な存在なので大切に扱う。さらにその他の場所にいる歩兵たちも焼いてしまってもよい。ただし、市街地の敵を排除すると敵の空挺部隊や大量の歩兵がやってくるので、独立工兵だけで防ぐのは難しくなる。

 定期的に敵歩兵が中央を抜けてくるので、森の出口にハ号を3両くらい置いておけば撃退してくれる。

進軍

 ホリ一式装甲兵車を右側に前進させると、ドイツがジークフリート要塞機関銃陣地を設置してくれる。この手前にホリを置いて最初の敵を撃退しよう。無理に前進してもホリ1両ではやられてしまうことがある。慎重に行こう。

 それから、チリを研究しておく。

 左側はくろがねでも出しておけばいい。ドイツ軍がやはりバンカーを置いてくれるので、ほぼ放置しておいても突破されることはない。

 敵を撃退したらホリを前進させる。補給基地があるからここは前進しておきたい。敵の歩兵と対戦車砲を倒すのは狙撃兵の仕事である。一方的に攻撃できる。しかし狙撃兵ホリだけではあまりに危険だ。近衛兵チリを加えておこう。

挟撃

 正面から進軍すると完全に包囲された形になる。そして重要なことは、一番右上には敵のプロトタイプ基地があることだ。これを占領できればオイ車が生産できるようになる。

 右側に装甲車両基地と兵舎を送り込み、山を迂回して敵を挟撃してしまおう。このとき敵の要塞化陣地に工兵を破壊されないように。あまり無理に前に設置しなくてもよい。

 要塞化陣地独立工兵、敵の歩兵は近衛兵チリで排除して進む。プロトタイプ基地はほぼ無防備なので、歩兵で占領してさっそくオイ車を生産していきたい。

 これ以降、資金のほとんどはオイ車につぎ込んでしまってかまわない。オイ車はそれだけ強力だ。ロケットで敵の拠点をどんどん焼きながら進んでいこう。歩兵に対しても火炎放射があるため心配はいらない。

 敵の司令部まで到着したらクリアだ。

5時に帰るドイツ人、5時から頑張る日本人 ドイツに27年住んでわかった 定時に帰る仕事術 (SB新書)