R.U.S.E.研究室

ドイツの特徴

 陸軍から空軍までバランスよく揃っており、強力なユニットも多い。全体的にコストがやや高めで、極端に優れたユニットは少ない。多彩な戦術が駆使できるのが魅力といえる。終盤にも強い。

 現実のドイツ同様、物量で戦う国ではないため、ごり押しのラッシュは難しい。各種の兵器は平均以上の能力を持っているため、敵の動きを見極めて戦うようにしたい。アメリカよりも序盤に強力なユニットを投入でき、フランスイタリアソ連よりも戦術に柔軟性がある。

ドイツの基本戦術

 序盤の防衛にはジークフリート要塞FLAK 88MMが役に立つ。

 ドイツの攻撃の主力は結構悩む。序盤から襲撃を狙うのであればIV号戦車が適しているが、パンターを投入すれば半端な敵は蹴散らして突破することができる。どちらも十分な速度を持っている。

 堅実に戦う場合、500mの射程と装甲4を持つタイガーを主力にするといいだろう。シュトルムタイガーを同伴させれば、非装甲ユニットを焼き払ってくれる。

 兵舎からは二種類の偵察車を出せるほか、突撃擲弾兵は研究コストが安く、優秀な性能を持っている。歩兵ラッシュを選択肢に入れてもいいだろう。

 空軍は序盤で高い性能を発揮するMe109、対地攻撃力の高いJu87が活躍する。しかし、中盤以降はより上位の航空機を投入するか迷うことも多くなる。降下猟兵は比較的速度が速い。

友軍には

 ドイツは攻撃パターンが多彩なので、戦況に応じた判断が重要になってくる。友軍の動きに合わせて戦うようにしよう。偵察車は他国と比較して、優秀な部類に入る。

基地別ユニット解説

司令部

 ジークフリート要塞を設置すれば、陸上ユニットは近づけない。

兵舎

 キューベルワーゲンSDKFZ 222も使いやすい。突撃擲弾兵は研究費が安く、性能も高い。

大砲・対空基地

 FLAK 88MMは戦車に強く、航空機にも効果がある。森に隠せないことと、攻撃を受けると簡単に破壊されてしまうので、十分に注意しよう。

 シュトルムタイガーは高い攻撃力と分厚い装甲が魅力。攻撃の要として使える。III号突撃砲は装甲が3あるため、扱いやすい。

装甲車両基地

 主力となる戦車は戦術にあわせて使い分けることになる。III号戦車は序盤の牽制に、IV号戦車パンターは速度を生かして襲撃に、タイガーキングタイガーは主力として活用しよう。

対戦車基地

 PAK 40は研究費が安め。マルダーヤークトパンターも悪くないが、コストがやや高いのが難点。基地も45ドルと高い。

飛行場

 ME109は日本の零戦と並び、最初から出せる戦闘機の中ではもっとも強い。ME262は最強の戦闘機。JU87は安価で出しやすく攻撃力も高いものの、対空砲火を浴びやすく注意が必要。

 爆撃機は使いづらい。AR234ブリッツは本部を破壊するのに使おう。他の基地は滅多に壊せない。

プロトタイプ基地

 基地そのものが100ドルと、各国の中では一番安い。魅力的なのはヴィルベルヴィント。近づいてきた航空機は片っ端から撃墜してくれる。

 狭いマップではマウスが強力。最強の戦車。