R.U.S.E.研究室

ME109とスピットファイアと零戦

 第二次世界大戦を代表する戦闘機といえば、ドイツのME109、イギリスのスピットファイア、日本の零戦。それぞれどのような特徴があったのかというと。

主力戦闘機の生産数

 ドイツ、イギリス、日本の主力戦闘機の生産数を比較してみる。

  戦闘機名 生産数(約)
ドイツ ME109 31,000
Fw190 22,000
イギリス スピットファイア 23,000
ハリケーン 13,000
日本 零戦 11,000
隼(はやぶさ) 6,000

 日本と比べ、ドイツとイギリスの生産数はかなり多い。両国の空軍がいかに激しく戦ってきたか、想像できるというもの。

 ちなみにFw190はME109より後に開発された戦闘機で、ME109とともにドイツ空軍の主力戦闘機として活躍した。隼は日本の陸軍が使用していた戦闘機。どちらもR.U.S.E.には登場しない。

性能の比較

  全幅 翼面積 最大速度
ME109(E型) 9.9m 16.2 570
スピットファイア(2) 11.2m 22.5 580
零戦(21型) 12.0m 22.4 540

 3つの機体を比較すると、ME109は小型でスピードがあり、零戦は翼が大きい。ME109は一撃離脱が得意で、零戦は格闘戦が得意だった。スピットファイアは万能型といえようか。そして実際の最高速度を見ると、どの機体もR.U.S.E.の速度より遅いじゃないか、と突っ込みたくなる。

バトル・オブ・ブリテン

 ME109スピットファイア零戦にはさほど性能差はないが、ME109はバトル・オブ・ブリテンで大きく評価を下げた。

 フランスを降伏させ、イギリスを大陸から駆逐したドイツは、次の目標であるイギリス本土を攻略するべく、まずは制空権を奪取しようと攻勢に出る。このドイツ空軍とイギリス空軍の4ヶ月にわたる死闘が「バトル・オブ・ブリテン」と呼ばれる。

爆撃を受けたロンドン

爆撃を受けたロンドン

  航空機 参加数(約)
ドイツ ME109 800
Ju87 260
爆撃機(HE111等) 1,000
イギリス スピットファイア 370
ハリケーン 710

 ME109の航続距離は700km程度で、スピットファイアと大して変わらないが、フランスからイギリス上空まで(約160km)飛んでいくと燃料をかなり消費してしまう。帰りのことを考えると、15分から30分程度しかイギリス上空に留まることができなかった。イギリスの航空機は燃料がなくなればいつでも着陸できるので、航続距離を気にする必要はない。

 イギリス空軍はこれに目を付けると、空中戦を引き延ばしてME109の燃料を消費させる作戦に出た。

 最終的にドイツ空軍は戦闘機・爆撃機を1,733機、搭乗員3,050名を失って作戦は中止された。イギリス空軍の被害は915機、搭乗員600名である。

航続距離比較

 航続距離を見ると、日米と英独では考え方が違うことがわかる。

  戦闘機名 航続距離
ドイツ ME109 680
イギリス スピットファイア 750
日本 零戦 1,880
アメリカ P51マスタング 1,530

 ヨーロッパで戦う以上、戦闘機の航続距離は700kmくらいあれば十分、と考えられていたようだ。日本やアメリカは海の上を飛ぶので、航続距離に余裕がある。なお、燃料タンクを搭載していけば航続距離はもっと伸びる。