R.U.S.E.研究室

FLAK 88MM

FLAK 88MM

解説

 FLAK 88MMはドイツ軍の高射砲です。88ミリ高射砲、ハチハチ、アハトアハト(ドイツ語でハチハチ)などと呼ばれます。

 高射砲は航空機からの対地攻撃を防ぐための対空砲ですが、FLAK 88MMは高射砲としてよりも対戦車戦闘に用いられ、多くの戦果を上げたことで有名です。非常に強力な火力を有しており、1,000mの距離から100mmの装甲を貫くことが可能でした。最終的には、高射砲としてではなく、ほぼ対戦車砲として使用されています。

 FLAK 88MMが活躍した有名な戦いは、ハルファヤ峠の戦いです。イギリス軍の大攻勢を受けたドイツ軍は、対空用であったFLAK 88MMで水平射撃を行い、マチルダを含む数十両の戦車を撃破する戦果を上げました。

 FLAK 88MMはタイガーキングタイガーの主砲としても採用されています。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
40
(15)
- 歩兵 - 24 対戦車砲 500 - 400 - -
対空砲 600 - - - 25

R.U.S.E.でのFLAK 88MM

 研究は必要なく、対車両攻撃にも対空攻撃にも用いることができ、その両方で強力な攻撃力を有しています。航空機を一撃で「!」状態にすることができます。

 問題は40ドルという非常に高い生産費用、そして森に入ることができないことです。対戦車砲や対空砲とは異なり、森に入ることができません。装甲がないため大砲に弱く、航空機を一撃で「!」状態にできるとはいえ、複数の同時攻撃を受ければ簡単に撃破されてしまいます。

 日本の八八式7.5cm野戦高射砲は20ドルと安いので役に立つのに対して、FLAK 88MMは40ドルであるため、有効に使うのはなかなか難しいものがあります。