R.U.S.E.研究室

HE111

HE111

解説

 ハインケル He111はドイツ軍の代表的な爆撃機です。

 採用当時は爆撃機としては高速で、フランス侵攻戦などで活躍しました。しかし爆弾の大型化に伴い速度は低下し、防御力の低さもあって、イギリス爆撃作戦(バトル・オブ・ブリテン)では大損害を被りました。

 その後は夜間爆撃機として運用され、派生型の偵察機、輸送機も登場しました。

性能

速度 400km
航続距離 2,800km
武装 7.9mm機関銃×7
2,000kg爆弾
全幅 22.5m

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
速度 装備 歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
25
(20)
- 450 機銃 - - - 8
爆弾 179 179 446 -

R.U.S.E.でのHE111

 ドイツ軍の爆撃機です。

 速度がかなり遅く、爆撃の威力も低めです。また、特徴的なシルエットは目立つために狙われやすく、あまり活躍することはないでしょう。

 研究せずに生産できるため、早い段階から戦いに投入することができますが、逆に活躍する機会があるとすれば、序盤くらいのものでしょう。というよりは、たとえ施設の破壊を目的とする場合でもJU87を生産したほうが役に立つ気がします。

 高性能爆撃機のAR234ブリッツも高価な割に爆撃の威力は低く、ドイツは爆撃機の運用は難しいものがあります。