R.U.S.E.研究室

SDKFZ 222

SDKFZ 222

解説

 Sd.Kfz222はドイツ軍の装甲偵察車です。

 大型の砲塔に20mm機関砲と7.92mm機関銃を装備した重武装が特徴で、高い走破能力を持ち、対空射撃も可能でした。合計989両が生産され、各地の戦場に送り込まれました。

性能

速度 80km
装甲 14mm
主砲 KwK30機関砲(口径20mm、砲身長1.1m)
副兵装 7.92mm機関銃×1
重量 4.8t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
20
(5)
- 車両 1 39 対戦車砲 250 - 53 - -
機銃 250 33 33 - -

R.U.S.E.でのSDKFZ 222

 ドイツ軍の装甲偵察車として登場します。

 実は装甲偵察車の中で最も優れたコストパフォーマンスを誇ります。生産費用20ドルはソ連のBA-11に次ぐ安さで、速度39kmはアメリカのグレイハウンドに次ぐ速さです。兵舎からの生産となるため、非装甲のキューベルワーゲンと使い分けることが可能です。

 しかし、SDKFZ 222が兵舎ではなく装甲車両基地から生産できれば、ドイツは兵舎を設置しないという作戦も考えられたでしょうに。ドイツの使いづらいユニットを考えれば、対空能力も付いていてもいいくらいではないでしょうか。

関連記事