R.U.S.E.研究室

レジオナーレ

レジオナーレ

解説

 レジオナーレはフランス外人部隊の兵士です。

 外国人によって構成された部隊は、1831年の創設以来、数々の戦争に参加してきました。現在もフランスの正規軍として存在しており、勇猛な部隊として知られています。

 第二次世界大戦でレジオナーレが活躍したのは、北アフリカ戦線のガザラの戦いです。

 進撃を続けるドイツ・イタリア軍は、トリポリのイギリス軍防衛陣地に対し、南側から迂回して後方の戦車部隊を撃滅しようと計画しました。このとき南側の拠点ビル・アケムを守っていたのが、レジオナーレが多く所属する自由フランス第1歩兵師団でした。

 自由フランス軍は75mm砲を活用して枢軸国の戦車部隊を撃退し、包囲されながらも16日間にわたって抵抗を続けて撤退しました。この間、枢軸国軍は補給線が確保できず、前方に進出していた戦車部隊は一時的に燃料・補給不足に陥りました。

 自由フランス軍の活躍により、イギリス軍戦車部隊は戦争の転換点であるエル・アラメインの戦いに備えることが可能となりました。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
10
(5)
- 歩兵 - 28 機銃 150 100 100 - -
対戦車弾 150 - 2000 - -
手榴弾 70 33 33 33 -

R.U.S.E.でのレジオナーレ

 フランスの重歩兵です。

 ソ連の親衛隊と並び、高い対歩兵攻撃力を持ちます。しかし一般的な重歩兵とは異なり、研究が不要ながら生産費用が10ドルという不思議な設定になっています。

 すぐに生産できるため便利という考えもありますが、重歩兵は数を揃えて戦うのが基本なので、生産コストが倍というのは話になりません。幸いフランスは歩兵に強いユニットが多いので、別のユニットを生産して戦いましょう。