R.U.S.E.研究室

ベルサリエリ

ベルサリエリ

解説

 ベルサリエリはイタリア軍の偵察・狙撃を主任務とする軽歩兵です。

 ヘルメットに羽根飾りを付けています。サルデーニャ王国時代に創設され、現在もイタリア軍に存在しています。ベルサリエリは「狙撃兵」を意味します。

 ベルサリエリ連隊は高い機動力を実現するため、折りたたみ式の自転車を活用していました。隊員の士気は高く、他の部隊と比べて装備も充実していました。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
5
(5)
- 歩兵 - 24 機銃 150 40 40 - -
対戦車弾 150 - 563 - -
手榴弾 70 33 33 33 -

R.U.S.E.でのベルサリエリ

 イタリア軍の軽歩兵です。

 枢軸国軽歩兵の例に漏れず、対歩兵戦闘力が高めに設定されています。対戦車能力は低めですが、軽歩兵は大して差がないので問題なく使うことができます。

 偵察能力はありません。サハリアーナを使いましょう。サハリアーナを隠すため、ベルサリエリも生産すると結構有効です。