R.U.S.E.研究室

カルロM13

カルロM13

解説

 カルロ・アルマート M13/40はイタリア軍の戦車です。Mは中戦車、13は重量13トン、40は1940年を意味します。カルロ・アルマートは装甲車両という意味です。

 カルロM11を元に欠点を解消するべく開発された戦車で、47mm砲を搭載し、装甲は40mmとなりました。実質的にイタリア軍の主力戦車で、約800両が生産されました。

性能

速度 32km
装甲 40mm
主砲 da 47/32 戦車砲(口径47mm、砲身長1.5m)
副武装 8mm機関銃×4
重量 13t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
15
(5)
- 車両 2 43 対戦車砲 250 - 75 - -
榴弾砲 250 30 30 30 -
機銃 250 26 26 - -

R.U.S.E.でのカルロM13

 イタリア軍の中戦車です。

 研究なしで生産できる戦車としては高速かつ重装甲で、優秀なユニットと言ってよいでしょう。

 しかしながら、25ドルの研究費を加えれば生産費用はそのままで、より高速で高い攻撃力を持つカルロM15が生産できるようになります。そのため、カルロM13が生産されることはほとんどありません。

関連記事