R.U.S.E.研究室

カルロP26

カルロP26

解説

 カルロ・アルマート P26/40はイタリア軍の戦車です。Pは重戦車、26は重量26トンを意味します。ちなみにカルロ・アルマートは装甲車両という意味です。

 1940年に設計が開始され、ソ連のT-34が登場すると、カルロP26も傾斜装甲を取り入れました。

 イタリア軍はカルロP26を重戦車として分類していますが、武装や装甲は他国の中戦車程度であり、重量26トンも重戦車と呼ぶほどのものではありません。たとえば、アメリカ軍の中戦車シャーマンは重量30トンです。

 カルロP26は、イタリア降伏時に数両が完成していました。

性能

速度 40km
装甲 50mm
主砲 アルサンド75mm砲(口径75mm)
副武装 8mm機関銃×1
重量 26t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
25
(10)
- 車両 4 39 対戦車砲 400 - 300 - -
榴弾砲 400 35 35 35 -
機銃 250 21 21 - -

R.U.S.E.でのカルロP26

 イタリア軍のプロトタイプ戦車として登場します。

 プロトタイプ基地を設置には多額の費用がかかりますが、一度設置してしまえば研究不要、生産費25ドル、生産速度10秒という好条件で、高速で強力な戦車として生産できるようになります。

 重装甲で高速、そして低コストであるため、非常に強力なユニットです。

 他国の高コストで鈍重な超重戦車と違い、実用的で使い勝手も抜群です。敵に射程500mの重戦車や駆逐戦車が揃うまでは、マップを縦横無尽に走り回って大活躍してくれることでしょう。