R.U.S.E.研究室

近衛兵

近衛兵

解説

 近衛師団(このえしだん)は志願兵の中から選抜された精鋭部隊です。

 近衛兵は皇居の警護をする部隊ですが、全軍の模範となる存在であり、戦時には重要な戦地に投入されてきました。大東亜戦争ではマレー作戦やシンガポールの戦いに参加しており、日本が劣勢になってからは本土決戦にも備えていました。

 当時のシンガポールはイギリスの東洋支配における最重要拠点であり、難攻不落と言われていました。日本軍がイギリスの新鋭戦艦を撃沈し、マレー半島及びシンガポールをわずか70日間で攻略したというニュースが伝わると、世界は大きな衝撃を受けたといいます。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
5
(5)
- 歩兵 - 24 機銃 150 40 40 - -
梱包爆薬 150 - 563 - -
手榴弾 70 33 33 - -

R.U.S.E.での近衛兵

 日本軍の軽歩兵です。

 枢軸国の歩兵ということで、連合国の歩兵よりも対歩兵能力が高く設定されています。対戦車戦はやや苦手で、市街地などで奇襲をかけても敵を逃がしてしまうことがあります。

 なお、日本には通常の重歩兵がいないので、歩兵を主力として戦うのは厳しいものがあります。