R.U.S.E.研究室

IS-3

IS-3

解説

 IS-3はベルリン戦勝パレードに登場したソ連の新鋭戦車です。IS-2と同様の主砲を採用していますが、あらゆる方向に傾斜装甲を取り入れ、これまでの戦車とはまったく異なるシルエットをしています。

 装甲はどの方向も傾斜装甲を採用しているため200mmに相当するものの、重量は抑えられています。性能は優れていましたが、その極端な形から、内部の居住性に難があったようです。

 第二次世界大戦の戦闘への参加はなかったとされています。

性能

速度 40km
装甲 110mm
主砲 D25-T戦車砲(口径122mm、砲身長5.48m)
副兵装 12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×2
重量 46.5t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
60
(30)
50
(50)
車両 5 30 対戦車砲 500 - 500 - -
榴弾砲 500 40 40 40 -
機銃 250 21 21 - -

R.U.S.E.でのIS-3

 ソ連軍のプロトタイプ基地からの生産となります。

 超重戦車に分類されますが、ドイツのマウスが副砲を装備していること、フランスのFMC F1が対空砲を装備していること、日本のオイ車がロケットを装備していることなどと比較して、IS-3には何の特徴もありません。

 シルエットは美しいのですが、生産する価値はないでしょう。