R.U.S.E.研究室

AT17 PDR

AT17 PDR

解説

 オードナンス QF 17ポンド砲(AT17 PDR)は、イギリスの対戦車砲です。17ポンドとは弾薬の重さを表しており、口径は76.2mmです。連合軍の中でも最大の威力を持つ強力な対戦車砲で、タイガー戦車を正面から撃破できる威力を持っていました。

 ドイツ軍の重戦車に対抗するため、イギリス軍は戦車へのAT17 PDR搭載を検討しましたが、重量があり巨大なAT17 PDRがそのまま搭載できる戦車はなく、いくつかの戦車が改造されたり新開発されています。

 AT17 PDRを搭載した戦車はA27クロムウェルをもとに開発されたチャレンジャー巡航戦車、チャーチルを改造したブラックプリンス、アーチャー対戦車自走砲などがありますが、最も活躍したのはシャーマンを改造したファイアフライでした。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
15
(5)
50
(50)
歩兵 - 24 対戦車砲 500 - 400 - -

R.U.S.E.でのAT 17PDR

 高性能対戦車砲として登場します。

 連合軍最強の対戦車砲ですが、R.U.S.E.では高性能対戦車砲の性能に差がないため、他国より優れた性能ということはありません。

 むしろ別の方で差がつけられており、AT17 PDRは研究費用50ドル、生産費用15ドルと他国の高性能対戦車砲よりも高価に設定されています。コストを考えれば、最も使えない高性能対戦車砲です。

 ただし、車両に対する攻撃手段の乏しいイギリスにとって、AT17 PDRの存在は貴重ではあります。