R.U.S.E.研究室

グラスホッパー

グラスホッパー

グラスホッパーの解説

 パイパー L-4 グラスホッパーは、アメリカやイギリスで使用された軽飛行機です。

 民間機として高い評価を受けていたパイパー・エアクラフト社の「カブ」を軍用に採用したもので、偵察機や連絡機として使用されています。

 グラスホッパーを含めたカブシリーズは2万機以上が生産され、今でも現役の機体が多数存在します。

グラスホッパーの性能

速度 148km/h
航続距離 402km
全幅 10.73m

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
速度 装備 歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
20
(5)
- 360 - - - - -

R.U.S.E.でのグラスホッパー

 アメリカ軍の偵察機です。

 他国の偵察機と比較すると、研究が不要で生産費用も安めです。機銃は装備していませんが、偵察機は狙われれば機銃の有無にかかわらず撃墜されることは一緒なので、ほとんど差はないと考えて良いでしょう。