R.U.S.E.研究室

グレイハウンド

グレイハウンド

解説

 M8装甲車グレイハウンドはアメリカ軍の装甲偵察車です。8,300両が生産され、戦後も世界中の国で使用されました。

 対戦車戦闘を考えて開発された車体ですが、主砲の37mm砲は威力不足が明らかだったため、偵察車両として使用されました。生産性に優れ、路上では高速走行が可能です。

 グレイハウンドの名はイギリス軍が名付けたものですが、イギリス軍はこの車両は防御力不足と考え採用しませんでした。

性能

速度 90km
装甲 19mm
主砲 M6 37mm戦車砲
副兵装 12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×1

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
25
(5)
- 車両 1 43 対戦車砲 250 - 75 - -
機銃 250 21 21 - -

R.U.S.E.でのグレイハウンド

 平均的な性能の装甲偵察車です。

 やや高価なのが欠点ですが、移動速度は速く、装甲偵察車として問題ない性能を持っていると言えます。

 ウィリス・ジープと比べると榴弾に強く、戦闘機から攻撃されないという利点がありますが、何よりも圧倒的に安いウィリス・ジープのほうが明らかに役に立ちます。

 ただし、それでも装甲偵察車が必要な場面はあります。状況に応じて使い分けできることも、アメリカの強みです。