R.U.S.E.研究室

M1 57MM

M5 57MM

M1 57mm対戦車砲の解説

 アメリカ軍はアフリカ戦線でM3 37mm対戦車砲を使用していましたが、ドイツ軍の戦車に対しては威力不足でした。そこでイギリスが開発したオードナンス QF 6ポンド砲を採用し、M1 57mm対戦車砲(M1 57MM)として運用しました。

 M1 57MMはイタリア戦線や西部戦線で使用されました。QF 6ポンド砲は戦車砲としても使用され、A27クロムウェルチャーチルに採用されています。

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
10
(5)
- 歩兵 - 24 対戦車砲 450 - 300 - -

R.U.S.E.でのM1 57MM

 アメリカ軍の対戦車砲です。

 何の特徴もない、ごく普通の対戦車砲です。駆逐戦車よりも射程が長く安価ですが、装甲がないため打たれ弱くなっています。

 M1 57MMはイギリスのQF 6ポンド砲をライセンス生産したものですが、R.U.S.E.では本家イギリスに6ポンド砲は登場していません。代わりに旧式のAT 2PDRが採用されています。

 もっとも、性能はいっさい変わらないので、どうでもいいことではあります。

大砲とスタンプ(1) (モーニングコミックス)