R.U.S.E.研究室

P40ウォーホーク

P40 ウォーホーク

解説

 P-40 ウォーホークはアメリカを中心に連合国で活躍した戦闘機です。形式によってトマホークやキティホークとも呼ばれていました。

 性能は特別優れていることはなく、零戦やその他当時の日本の戦闘機を相手に戦うも、劣勢に立たされることが多かった機体です。しかしながら、航空戦力が不足していた連合国にとっては貴重な戦力でした。

 頑丈な機体だったため、後に戦闘爆撃機とし運用されるようになります。また、ソ連にも送られ、東部戦線で使用されました。

性能

速度 565km
航続距離 1,740km
武装 12.7mm機関銃×6
全幅 11.38m

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
速度 装備 歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
20
(5)
- 540 機銃 75 75 - 27

R.U.S.E.でのP40ウォーホーク

 アメリカ軍の戦闘機として登場します。

 極めて平凡、平均的な性能ですが、生産速度が異様に早いという特徴があります。

 やはり零戦には勝てません。優秀なP47サンダーボルトP51マスタングに比べると、地味であることは否めません。