R.U.S.E.研究室

シャーマン

シャーマン

解説

 M4中戦車シャーマンは第二次世界大戦におけるアメリカ軍の主力戦車です。イギリス、ソ連にも貸与され、攻撃力や防御力はドイツ軍のタイガーパンターには劣るものの、機動力や故障の少なさから、連合国を代表する戦車として活躍しました。

 75mm旋回砲塔を搭載できる戦車として開発が進められました。シャーマンの特徴は、多くのメーカーに大量生産させるためにエンジンや車体の構造に差異があること、そして消耗品に互換性があることです。部品を共通化させたことにより、優れた生産性と信頼性を持ち、50,000両近くも生産されました。

 シャーマンの名称は南北戦争で北軍の将軍だったウィリアム・シャーマンからとったもので、イギリス軍が名付けました。

 シャーマンは多くの会社で終戦まで生産されたため、多くのバリエーションがあります。プリースト、ウルヴァリンジャクソンはシャーマンから派生した車両で、カリオペ・ロケットランチャーを搭載したものもありました。また、改造することでAT17 PDRの搭載が可能であったことから、イギリスで改造されファイアフライとなった車両も多くありました。

性能

速度 33.6km
装甲 76mm
主砲 M1A2戦車砲(口径76.2mm、砲身長3.96m)
副武装 12.7mm機関銃×1
7.62mm機関銃×2
重量 30.3t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
20
(5)
25
(50)
車両 3 35 対戦車砲 300 - 200 - -
榴弾砲 300 33 33 33 -
機銃 250 21 21 - -

R.U.S.E.でのシャーマン

 アメリカ軍の高性能中戦車として登場します。

 性能は平均的ですが、研究費が安いため使いやすく、なかなか便利な存在です。しかしながら、重戦車のパーシングスーパーパーシングが強力であるため、主力戦車というほどの姿を見ることもなく、地味な存在になってしまっているのが残念です。

 アメリカ軍のカリオペウルヴァリン、イギリス軍のスキンク、ファイアフライはシャーマンを改造したものです。

タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.23 アメリカ陸軍 M4A1シャーマン戦車 プラモデル 32523

関連記事