R.U.S.E.研究室

爆撃機比較

 爆撃機は主に施設を破壊するために使用する。それ以外の運用としては、バンカー、歩兵、対戦車砲、対空砲といった非装甲ユニットが密集している地域を爆撃するのに適している。

序盤の爆撃機

 序盤から出していける爆撃機比較。

  ユニット 生産費 研究費 速度 威力
イタリア P108 25 25 630 789
イギリス ウェリントン 30 25 450 789
ソ連 PE-8 35 - 270 1042
アメリカ B25ミッチェル 25 - 450 446
ドイツ HE111 25 - 450 446
フランス アミオ 20 - 360 446
日本 なし        

 イタリアのP108が非常に優秀。ファルコと組み合わせれば、敵の拠点に大ダメージを与えることができる。ただし、研究時間は75秒なので注意しておこう。

 イギリスのウエリントンは爆撃機として十分な性能を持つ。補給拠点を1機で破壊することができるため、必ずしもランカスターを研究しなくともよい。

 B25ミッチェルHE111アミオは研究不要だが、威力が低く1機では役に立たない。ユニット自体は安価だが、飛行場を建てるのにコストがかかるため使いどころが難しい。

 PE-8は威力こそ強力だが、その速度は呆れるほど遅い。ほとんどの場合、爆撃目標に到着する前に対策されてしまう。

上位の爆撃機

 中盤から後半に活躍する爆撃機。

  ユニット 生産費 研究費 速度 威力
イギリス ランカスター 30 50 540 1042
アメリカ B17フライングフォートレス 35 50 450 1042
イタリア P108 25 25 630 789
ドイツ AR234ブリッツ 50 50 810 789
日本 連山 35 50 360 1042
ソ連 PE-8 35 - 270 1042
フランス なし        

 ランカスターB17フライングフォートレスP108は実用性が高い。速度・威力ともに不満に思うことはない。

 AR234ブリッツは速度が速すぎるせいで爆弾の着弾地点が安定しない。威力が数値より低いと考えておいたほうがいいだろう。しかし本部を破壊するのには最適の性能である。

 連山は異様な対空能力を持つ爆撃機。非常に遅いが、戦闘機を返り討ちにすることも多い。とはいえ、その遅さはPE-8同様使いづらいことには違いない。

関連記事