R.U.S.E.研究室

生産基地のコスト

 ソ連の兵舎、イギリスの飛行場、イタリアの装甲車両基地は設置費用がかなり安い。なんだか自分の使っている国はみんなコストがかかる気がするぞ、そんなふうに思うこと、ありませんか。

生産基地の費用比較

 
兵舎 20 30 30 25 20 10 15
大砲・対空基地 35 45 40 35 45 20 45
装甲車両基地 30 30 30 25 20 30 35
対戦車基地 35 45 30 30 40 40 35
飛行場 60 50 40 65 55 60 45
プロトタイプ基地 120 100 130 120 120 140 125
合計 300 300 300 300 300 300 300

 実は各国の基地のコストを合計してみると、すべての国が300となるのだ。意外ではないだろうか。

 基地のコストは国によって優遇されていたり、されていなかったりするように思えても、実はとても公平に設定されているのだ。

 イギリスは飛行場が安いけれどその他の基地は高めだし、アメリカは全体的に安く見えても飛行場が高い。ソ連が安いと思うのは飛行場やプロトタイプ基地を建てていないからだったわけだ。

でも、実は公平ではない

 合計するとすべての国が同じ数字になるのだから、実に公平になっている。と、思いきや、よく考えてみるとそんなことはなかった。

 プレイヤーにとって、使わない基地はどれだけ高くても構わないのである。たとえば、フランスの飛行場、ソ連のプロトタイプ基地がそれにあたる。

 逆に、高い確率で設置する基地が高価な国はつらい。特にドイツは偵察車を出すために必ず設置することになる兵舎が30ドル必要なのは痛い。

プロトタイプ基地のせいで厳しいドイツ

 それだけではない。ドイツはプロトタイプ基地が極端に安いことが目につく。

 ドイツのプロトタイプ基地はマウスヴィルベルヴィントといった強力なユニットが生産できる。とはいえ、序盤からそんな高価な基地やユニットを出しているようでは勝てるわけがない。

 逆にプロトタイプ基地が安いせいで、ドイツの他の基地はどれも高めの値段に設定されている。すべての基地が30ドル以上であるし、兵舎、大砲・対空基地、対戦車基地がすべての国の中でもっとも高い。

得意な戦術が安い国

 逆によく使う基地が安いのは序盤の戦いにおいて大きな利点となる。目立つものではソ連の兵舎、イタリアやフランスの装甲車両基地、イギリスや日本の飛行場、といったところか。

 また、アメリカと日本は偵察車が5ドルというだけではなく、兵舎自体もかなり安い。両国の序盤における偵察のしやすさ、展開のしやすさはそんなところにも秘密がある。

関連記事