R.U.S.E.研究室

ファイアフライ

ファイアフライ

シャーマン・ファイアフライの解説

 シャーマン・ファイアフライはアメリカのシャーマンを改造し、AT17 PDRを搭載した戦車です。シャーマン・シリーズの最高傑作と言われています。

 ドイツ軍の重戦車を前に戦車の火力不足を痛感していたイギリス軍は、1,500mの距離からタイガー戦車の正面装甲を撃ち抜くことが可能なAT17 PDRを搭載できる戦車を探していました。

 当初イギリス軍はA27クロムウェルを改造したチャレンジャー巡航戦車にAT17 PDRを搭載する予定でしたが、開発が難航したためにシャーマンAT17 PDRを搭載することになりました。

 ファイアフライは各隊に少数配備され、敵戦車と遭遇すると前に出て交戦するという駆逐戦車的な運用が行われました。しかし装甲の強化はしていなかったため損害が大きく、ドイツ軍もファイアフライを最重要目標と定めたため、砲身を短く見せる塗装が施されたりもしました。

 イギリス軍はドイツ軍の強力な戦車と戦うことになる西部戦線にはファイアフライ、イタリア戦線にはAT17 PDRを搭載していない普通のシャーマンを配備して運用しました。

シャーマン・ファイアフライの性能

速度 40km
装甲 76mm
主砲 17ポンド戦車砲(口径76.2mm、砲身長4.19m)
副兵装 7.62mm機関銃×1
重量 33t

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
種類 装甲 速度 装備 射程
(m)
歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
25
(15)
100
(75)
車両 3 31 対戦車砲 500 - 483 - -

R.U.S.E.でのファイアフライ

 高性能駆逐戦車として登場します。

 上位の駆逐戦車としては装甲3が気になりますが、機動力が高く移動撃ちが可能なので、運用次第では大活躍するユニットです。イギリス軍の貴重な対戦車ユニットでもあります。

 しかし、研究費用が高く、機銃も装備していないため、登場する機会はあまりありません。また、重戦車が揃ってくると装甲3が苦しくなってきます。

ガールズ&パンツァー 劇場版(セル版)