R.U.S.E.研究室

スピットファイア

スピットファイア

解説

 スーパーマリン スピットファイアはイギリスを代表する戦闘機です。

 楕円形の主翼が特徴で、旋回性能に優れた機体です。強力なマーリンエンジンを搭載し、1936年の初飛行ではハリケーンを大きく上回る562km/hという高速の記録を出しています。

 バトル・オブ・ブリテンではドイツ軍の戦闘機ME109と渡り合える唯一の戦闘機として、連日激しい航空戦を繰り広げました。この航空戦を制したスピットファイアは「イギリスの救世主」と呼ばれています。

 その後もスピットファイアは改良が加えられ、常に第一線の戦闘機としてドイツ軍戦闘機と戦い続けています。最終的に最高速度は730km/hまで向上し、合計23,000機が生産されたスピットファイアは、戦争中だけでなく戦後も世界各国で使用されました。

 ドイツ軍のあるエースパイロットがバトル・オブ・ブリテンに勝利するために何が必要かと問われたとき、「スピットファイア」と答えたと言われています。

性能

速度 605km
航続距離 750km
武装 7.7mm機関銃×8
全幅 11.23m

R.U.S.E.での性能

生産
(秒)
研究
(秒)
速度 装備 歩兵
攻撃
車両
攻撃
施設
攻撃
対空
攻撃
20
(15)
50
(50)
720 機銃 75 75 - 41

R.U.S.E.でのスピットファイア

 イギリス軍の高性能戦闘機として登場します。

 研究が必要となるもののコストパフォーマンスに優れ、生産性も考慮するとR.U.S.E.最強の戦闘機と言ってもよいでしょう。ドイツ軍のME109はもちろん、日本の零戦よりも対空性能が優れており、アメリカのP51マスタングと同等の性能を持ちます。

 空軍主体で戦うことが多いイギリス軍にとって、唯一の戦闘機スピットファイアは必要不可欠な存在です。